大竜化成株式会社 |dairyu co.,ltd.
大竜化成株式会社 |dairyu co.,ltd.
072-872-2921 発泡スチロールに関する資材開発や製品組み立てなどお気軽にご相談ください
中文
ダイリュウ・アグリ 農業資材| daryu-agri

yahoo shopping ダイリュウweb shop

発泡スチロール切削加工の試作ご案内サイト

ダイリュウ・エコアクティブ

ダイリュウ開発トピックス

youtube /dairyukasei

Twitter

お問い合せ

製造加工
品質を追求する
緩衝材から複合成形の機能商品まで全てオーダーメイド。
機能と信用を売るをモットーに丁寧な仕事でお応えします。

DAIRYUグループでは、
製品の信頼性のみならず使い易さも重要なファクターであると考えています。
お客さまにご満足いただける製品を一貫作業で生産し、
”信頼される製品づくり” に努力しています。

設計にあたり、数々の制約条件を基に材質・発泡倍率・肉厚を決め、レイアウトや使い易さなど、 使う立場に立って設計し、まず試作品で信頼を確認します。
生産方法や型の取り方もその商品の企画数に応じて最も効率的な方法をご提案。
大型成形機 また、生産設備も標準成形機から右の写真のようなプレート面積2000クラスの大型機まで自社工場に備え、大小成形品にもしっかり対応致します。 様々な発泡スチロール製品のみならず、お客さまのどのようなニーズにも決して背を向けず、挑み続けます。

お客さまがご満足いただける製品を一貫作業で生産し
“信頼される製品づくり” に努力しています。

断熱性。緩衝性。ゆたかな明日へEPSの開発技術力で社会に貢献します。


機能と信用を売る。お客さまのニーズを先取りしたスピーディーな開発力
品質とコストを重視した設計
数々の制約条件を基に材質・発泡倍率・肉厚を決め、 レイアウトや使いやすさなどを使う立場に立って設計。
生産方法や型の取り方も商品の企画数に応じて最も効率的な方法をご提案。 コストパフォーマンスの追求に努めています。
異種材料との複合成形品では、各工場と綿密な連携の基に 新しい成形方法や金型構造を企画・開発。
ひとつひとつを正確・敏速に試作品作成
検討を重ねて決定した形状はCADソフトによって図面化、試作品の作成に移ります。 ここからは全て経験豊富な技術者が、主にNC加工機を用いて製作を行います。
所定の倍率の発泡スチロールを、CADデータ通りに加工し複雑な形状も 正確・敏速に仕上げるため、独自の工法も用いています。
一貫した生産体制による高品質な金型
試作品による機能テスト終了後、CADにより最終的に図面化。 金型手配に移ります。
品質を追求し続ける生産
生産工場で成形された試打ち品で成形品の検査と金型をチェックした上で量産化がスタート。 生産工場においても工程管理やTQC活動を通じて入念な品質管理を実践。 一貫した生産体制とそのプロセス全てにわたる高品質追求の姿勢から優れた製品の数々が誕生しているのです。
緩衝材
家電分野
電子レンジメーカーさまへの
梱包用発泡スチロールのトータルコストダウン提案
背景・課題
資材置場スペースの圧縮と梱包材のトータルコストダウン
背景・課題
上海の電子レンジメーカーさまから発泡スチロール梱包材のコスト低減と資材置場スペースの低減をしたいとのご要望がありご提案。
現状 目標 削減率
材料費 使用量 168g 135g ▲20%
加工費 金型取数 2セット 3セット ▲33%
物流費 梱包体積 0.290m³ 0.232m³ ▲20%
便数 63車 50車 ▲20%
提案ポイント
現梱包材を分析、再設計し課題を生産法などを見直して克服
提案ポイント
<対策1> 梱包材の形状を変更し原料を26%削減
強度計算により不要な部分を削除し、分割されていたスチロールの上下を一体化。原料の充填性が低下する課題が発生したが製法を見直し充填性を上げる。
試作品による梱包落下試験では、レンジの中皿のガラス受け部分から移動してしまい、再度ガラス受けを増やした設計に変更。
設計により、強度を維持しながら、発泡スチロールの各パーツを一体成形化し金型の取数を倍増し、サイズを変更し充填性を向上させて、材料費を圧縮。形状を見直して、部品点数も減らし、物流、保管時の梱包資材の体積を大きく圧縮。
一体化による工数低減もあり、大幅なコストダウンに成功しました。
梱包材の形状を変更し原料を26%削減
<対策2> 金型取数を2セットから4セットへ50%削減
梱包材スチロールの各パーツを一体化した設計に変更したことで1金型から生産できるセット数を2セットから4セットへと倍増することに成功。
金型取数を2セットから4セットへ50%削減
<対策3> 梱包材の梱包体積を25%物流便数を43%削減
梱包材スチロールの各パーツを一体化した設計に変更したことで、保管時の梱包体積を25%圧縮。
積載セットが480セット/便から840セット/便に増え、物流コストも43%削減し大幅なコストダウンに成功しました。
梱包材の梱包体積を25%削減 物流便数を43%削減
効果
形状を見直して目標以上のコストダウンを達成
効果
設計により、強度を維持しながら、発泡スチロールの各パーツを一体成形化し金型の取数を倍増し、サイズを変更し充填性を向上させて、材料費を圧縮。 形状を見直して、部品点数も減らし、物流、保管時の梱包資材の体積を大きく圧縮。一体化による工数低減もあり、大幅なコストダウンに成功しました。
現状 目標 削減率
材料費 使用量 168g 124g ▲26%
加工費 金型取数 2セット 4セット ▲50%
物流費 梱包体積 0.290m³ 0.218m³ ▲25%
便数 63車 36車 ▲43%


お問い合せ下さい。ご提案いたします。
 
PAGE TOP ▲
大竜化成株式会社
   発泡スチロールのスペシャリティ・カンパニー
+ 本社
〒574-0053大阪府大東市新田旭町6番6号
TEL 072-872-2921 FAX 072-871-3064
+ グループ会社はこちら
Copyright © 2022 DAIRYU KASEI CO.,LTD. All Rights Reserved.