大竜化成株式会社 |dairyu co.,ltd.
大竜化成株式会社 |dairyu co.,ltd.
072-872-2921 発泡スチロールに関する資材開発や製品組み立てなどお気軽にご相談ください
中文
ダイリュウ・アグリ 農業資材| daryu-agri

yahoo shopping ダイリュウweb shop

発泡スチロール切削加工の試作ご案内サイト

ダイリュウ・エコアクティブ

ダイリュウ開発トピックス

youtube /dairyukasei

Twitter

お問い合せ

緩衝材物流資材
緩衝材物流資材
現代物流を支える多彩な製品群。設計・試作から機能付加加工まで
商品に応じたオリジナルプランでお応えします。

家電メーカーさまとの長年にわたるお取引で鍛えられた設計力と品質。
発泡スチロールだけでなく段ボールなどのパッケージングや、製造工程における独自の機能を備えたプラスチックコンテナーや通函など、移動する、 保管するといった物流のあらゆるシーンでなど物流資材をトータルで提案いたします。

より安全に正確に美しく 品質と物流、コストを陰で支える。
■汎用緩衝材  DCコーナー、L型アングル
L型アングルは汎用角クッションとして商品化致しました、使用方法はアイディア次第で色々とご使用いただけます。
DL-20 肉厚:20 外寸:100 入数:50    DL-30 肉厚:30 外寸:100 入数:50

DCコーナーパットは発売から40年以上使用されるロングセラー商品です、バリエーションは用途に合わせて
6種類の中からお選びいただけます。
DC-50 肉厚:50 外寸:130 入数:100     DC-40 肉厚:40 外寸:130 入数:100
DC-30 肉厚:30 外寸:110 入数:200     DC-25 肉厚:25 外寸:110 入数:200
DC-20 肉厚:20 外寸:85 入数:500     DC-15 肉厚:15 外寸:85 入数:500
<<カタログはこちら>>

いずれも、ヤフオクよりご購入いただけます。
L型アングル
L型アングル
DCコーナー
DCコーナー
利用例
利用例


緩衝材
家電分野
発泡スチロール(EPS)緩衝材
エアコン梱包材の合理化提案
背景・課題
複数の材料と複雑なレイアウトを合理化したい
背景・課題
従来のエアコンの梱包材は、木材と段ボールとカットブロックの3部材で構成されているケースが一般的。
その為、梱包点数が多く、レイアウトも複雑になっていた。
また、カットブロックは段ボールに貼り付けられており、梱包・開梱・廃棄の作業に手間がかかり、非効率的であった。
提案ポイント
レイアウトと素材を見直して材料費と工程を圧縮
提案ポイント
熟考された設計により、
強度を維持しながら包装点数の少ないシンプルなレイアウトに変更し。
部材も木材と発泡スチロールの2種類に変更し、包装材の貼り付けが無いため、分別が容易となり、梱包・開梱・廃棄の作業の手間を低減。
効果
材料費・梱包点数を減らし合理化
効果
梱包材料費の低減
 生産台数10,000台/年のケースで
 @500円 × 10,000台 = 500万円
梱包点数が減り、包装・開梱・廃棄の各作業効率も上がり
上記のケースで年間500万円のコストダウンとなります。




緩衝材
家電分野
発泡スチロール(EPS)緩衝材
(ロボット掃除機ルーロ梱包材)
背景・課題
高級ロボット掃除機用のパッケージ
背景・課題
ロボットクリーナーの梱包緩衝材の制作のご依頼があり、高級機種であるため梱包箱も通常の段ボールではなく、化粧ケースで企画してほしいとのことで、同時に弊社にてご提案させていただきました。
RULO
提案ポイント
コンパクト化設計と高級感のある化粧ケース
提案ポイント
強度を維持したまま コンパクト化するという相反する条件をクリアしつつ低コストな設計に取り組みました。
自社NC切削加工機で正確な寸法で試作品をつくり仕様確認を繰り返し、短期間にて開発に成功。
梱包箱は、お客さまが購入後持ち帰りやすいように取手付き、写真印刷されたケースで宣伝効果も狙うというものでした。特殊開閉形状で、板紙使用のオフセット印刷機をもつ弊社協力会社の協力により完成しました。
RULO
効果
持ち帰りやすい取手とインパクトのあるパッケージ
効果
RULO
女性の方でも持ち運びしやすく取手が付き、製品が印刷されたインパクトのあるパッケージでPR効果も期待できる梱包箱が完成しました。




緩衝材
物流分野
通函形態提案
生産・物流効率化、廃棄物の抑制
背景・課題
ゼロ・エミッションの推進、生産・物流の効率化
背景・課題
ゼロ・エミッション(廃棄物ゼロ)の推進、リサイクル関連法への対応から、廃棄物の抑制を求める声が高まりつつあり、弊社では自社設計力を生かした通函形態提案事業を展開しております。
提案ポイント
様々な形態に合わせた通函を開発
提案ポイント
1、繰り返し使え、ランニングコストが安い
2、ゴミ削減・ゴミ廃棄費用の削減
3、輸送中製品不良・運送コスト削減
4、耐久性・内容物の保護性に優れている
5、製品に合わせた形状・収容数で作業効率UP
■可動式仕切例
形状3種類、製品サイズ3種類、計9品番の製品を1つの通函で対応
効果
■MIN納品数で収容場所面積の削減
■梱包作業費・資材費削減
■共用化による通函初期費用額削減



■識別仕切例
形状3種類、サイズ1種類、計4品番の製品を緩衝材一部共用で対応
効果
■大量製品納品対応、段積みしても形状識別が可能
■段積可能になった為運送効率UP
■在庫置場所面積削減



■シューター直接投入例
詰め替え作業と梱包資材削減対応品 2種共用品
効果
■シューター間口寸法で設計し小箱投入することで
  部品投入作業時間短縮効果
■梱包作業費・資材費削減効果
■既製コンテナBOX流用で段積み可能



■大型板金仕切例
形状3種類、製品サイズ2種類対応
効果
■大型で自立しない製品を立てて収容することで
  出し入れ作業の軽減・作業効率UP
■必要面積が現行面積の半分になり運送コスト削減
■裸梱包で納入が可能になり梱包作業費・資材費削減



効果
ランニングコストを抑え作業効率もUP
効果
一つの納品先に
大量に何度も製品を納入する場合や
納入製品が部品、素材など
エンドユーズされない製品の場合に
通函は 優れた輸送形態となります。


お問い合せ下さい。ご提案いたします。
 
PAGE TOP ▲
大竜化成株式会社
   発泡スチロールのスペシャリティ・カンパニー
+ 本社
〒574-0053大阪府大東市新田旭町6番6号
TEL 072-872-2921 FAX 072-871-3064
+ グループ会社はこちら
Copyright © 2022 DAIRYU KASEI CO.,LTD. All Rights Reserved.